人生の目的とは。

人生の目的とは。

何の為に生きてるのだろう、と考える事は誰にでもあると思います。

けどもそれは凄く深い話で、エラいお坊さんくらいしか答えを持ってないんじゃないかと

消極的な結論を出し、そのまま考えるのをやめてしまう事が多いでしょう。

けどたまには考え方を変えて、少し突っ込んでみたいと思います。

昔、数学が好きな友達から面白い話を聞きました。

数学で現せない事象は無く、あらゆるものが数学式で現す事が出来るのだと言っていました。

例えば「愛」。これも数学で現せるのだそうです。

でも友達は、一過性的に数学が好きになって調べただけのようで、実際にどういう計算式になるのか、

という答えを持っておらず、ガッカリした記憶でもあります。

皆さんも今とてもガッカリした事でしょう。

けど今回はちょっと人生について、ちょっとだけ数学を用いてみたいと思います。

皆さんは一日の食費はどのくらいでしょうか?

外食しなければ千円以内で収める事は十分出来ると思います。

分かりやすくする為に、食費を一日千円として計算してみます。

80歳まで生きるとしたら、食費だけで単純に約2900万円かかる事になります。

人生には「衣・食・住」が最低限度生きるために必要なわけですが、家は無くても生きられるし、

衣服も寒さをしのげる程度持っていれば死ぬ事はありません。

というわけで、生きるために最重要の「食」には2900万円かかるという事になったのですが、

現実世界では食だけで生きていけるわけではありませんよね。

2900万円稼がなければいけないのですから、社会人として適切な服も住居も、さらには教育だって必要なわけです。

けど、動物的にはその2900万円があれば生きられるので、それ以外の出費は

動物としての存在から脱した「人間」としての営みに費やされる出費なのでは?と考えました。

実に単純で浅はかな計算であると我ながら思いますが、意外とこうした考え方は盲点かもしれません。

勿論食事にだって楽しみはありますが、楽しまなくても食事は出来ます。

その「楽しむ」という行為が人間的であって、楽しまなければ「生きる」事自体が

生きる目的になってしまいます。

よって私が導き出した、生きる目的の答えは「楽しむ為」なのでした。

エラいお坊さんは、もしかしたら凄く楽しい人生を送ってるかもしれませんよ・・!?

合コン

少々苦手なのです

どこが、とハッキリ指摘できる部分はないのだけれども、どうも「つきあいづらい」という相手がいませんか。

絶対にこの人とはお近づきになりたくない、というほどではないが、一緒にいると面倒くさいとか疲れるとか、そういった感じでしょうか。

むろん大人ですから、それが仕事の場であったりお母さん同士の交際の場であれば、とりあえず無難に相手はすることでしょう。でも帰宅の道すがら「やれやれ、あの人は勘弁だわ」みたいに思ったりしている、そういう相手です。

つきあわなくてすむなら、それが一番いいのですけどね。

でもおおかたは、社会人として外側だけでもおつきあいをしなくてはならない場面がけっこうあります。

私も末っ子を通して知り合ったママの中にひとり、どうしても苦手なタイプがいるんですよ。

すごく嫌な思いをさせられてるとか、迷惑をかけられているというわけではありません。でもって、同じスイミングスクールの時間帯に子供を通わせているので、どうしても顔をあわせることが多いんですね。スイミングの時間は親は見学室で見てますから、なんとはなしにおしゃべりをするような雰囲気になってしまうんです。

この1時間が辛くてねぇ。

何がそんなにこの人のおしゃべりは私を疲れさすのだろうか、と、そのときも適当にあいづちをうちながら考え込んでしまっていたんですけども。

冷静に聞いていて思ったのは、まず第一に喋り方が苦手なタイプなんです。語尾をひっぱって、甘い喋り方をするんですけど、それがまず私の勘に触るんですね。まぁこれは生理的な問題で、別に彼女が悪いのではないのでしょうがないんですけど。

さらに、

「私は別にどちらの言い分もありだと思うのよね、でも、○○さんが言うにはね」というような、誰かの「名前」を借りて、誰かのうわさ話をするということが多いんです。

これがすごくうざったいんだな。

だったら、「あたし、あの人のこういうところがいや」とでも言ってくれたほうがまだスッキリすると思うんですが。

だいたいママ友が集まったら、ひとつやふたつは誰かのうわさ話になるもんだし、えてしてそれは悪口に近いものになるもんです。自分だってしてるから(笑)

それじたいをウンヌン言うつもりはないけど、ただ、その遠回しな「他人の手を借りて」の物言いが私にひっかかるのでしょう。

正直、スイミングの曜日を変えてもいいかな、と思うぐらい苦手なんですけども。

どうしたものかなぁ、とこのごろの私の小さな悩みです。

看護のお仕事

2012 人生の目的とは。